一般社団法人 ランブス医療美容認定協会



   

 理事メッセージ

がんを体験したから言えること、
それは、「健康が最高の富」ということです。
医療美容はそのあり方を発信しています。

一般社団法人ランブス医療美容認定協会
代表理事 豊 秀之 (こんいろリボンの会主宰)

私は、2008年直腸がんと診断され闘病中に、NPO法人がん患者団体支援機構に理事として参加し、同時に「こんいろリボンの会」という患者会を立ち上げました。

その時に感じたことがきっかけで、その翌年には沢山のご支援を得て、一般社団法人としてランブスを設立させていただきました。

女性にとって髪を失うというのは死ぬほど辛いことだと実感したのです。

私たちランブスは、全国に医療美容師のネットワークを構築し、早期発見を推進し生活改善や、様々な健康に欠かせない情報を発信しています。

そんな中、昨今の日本における医療費に大変な危機感を感じております。
国債が増える現状の中で、医療費は年々増加し、年間の医療費は35兆円を超えています。

昨今、「医療費2025年問題」がささやかれています。
2025年には、57兆円もの医療費が国家の予算から放出されるかもしれないと予測されているのです。

25年は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年です。
日本は急速な高齢化が進み、2200万人、4人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来します。

これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回るため、医療、介護、福祉サービスへの需要が高まり、社会保障財政のバランスが崩れるとも指摘されています。

その他の疾患を防ぐことも大切です。
現在、病院で治療を受ける患者数は、悪性新生物(がん)150万2千人、糖尿病270万人、高脂血症188万2千人、高血圧性疾患907万人という発表があります。
ランブスの美容師たちが、活躍することでこの病気を減少させ、医療費の増加を食い止められると確信しています。

私達は、ランブスの活動を、お一人でも多くの患者の皆様にお伝えしたいと、全国に医療美容師を育成する活動をさせていただいております。

 病気になって初めて痛感させられること。

それは、人が人として暮らせるということ。
搭載記事一例リンク豊秀之取材記事
ガン辞典
http://www.gan-jiten.com/more/04/post_80.html

がんサポート

http://gansupport.jp/article/document/document01/3180.html


◆常任理事  山下悦生
 

もしあなたがガンを宣告され、抗がん剤治療が始まり髪が抜けてしまったとします。
「あなたは、今まで通っていた美容室に行けますか?」

アンケートによればほとんどの方が「行けない」と答えています。
理由は
*髪がないのに行けない
*美容師さんに病気を告白する勇気がない
*他のお客さんに会いたくない

もし美容師であるあなたが、髪が抜けたら誰に相談しますか?
何処に行きますか?

お医者さん?
看護師さん?
カツラ屋さん?

昨日まで大切なお客様が、髪が抜けたら髪のプロである「美容室」「美容師」に相談しないのが実状です。

美容室側からすると「失客」するのです。

また、ガン等の大病により「心の病」になる方も少なくありません。
「医療美容師」という存在が「見た目の美・健康」だけをケアするのではなく「心の健康」の援助もできます。

現在10人に1人は「うつ病」になる時代と言われています。
またうつ等「心の病」によって自殺者もあとを絶ちません。

「病気になっても病人にはなるな」という言葉をよく耳にすると思います。

ランブスではたとえ重い病気になっても「心の病」にならないよう支援していくため「心理学」もセミナー内容に取り入れております。

ランブスは人が人として、美容の技術を通してあなたのサロンのお客様や家族・知人の方々を救うために設立された、全く新しい資格(認定)を取得できる「社団法人 ランブス医療美容認定協会」です。


もっと世の中に「医療美容室」「医療美容師」が増えることを心から願っております。


 ◆理事 渡辺祥三



美容師の可能性はまだまだ拡がっていきます。
その可能性の原点に医療美容師は存在します。

私が働いていたサロンにも年間で1〜2名様程度ですがウィッグのカットやブローのお客様のご来店がありました。
しかし、知識も経験も乏しい私はウィッグの仕上がりはこの程度。もっとクオリティの高いものをご要望でしたら高級な専門店に行かれては・・・とこんな感じでした。この頃の私は脱毛でお悩みの方へのこういった姿勢になんの違和感も持っていませんでした。
そんな時に久しぶりに来店いただいたお客様からの一言に胸を打たれました。
「切る髪がなかったから来たくても来れなかった・・・」
返す言葉があったのかすら覚えていません。ただただ悔しかったのだけ覚えています。
新人の頃から可愛がっていただき、私が美容師として成長するためには欠かせない存在だったお客様。
私は髪切り屋さんでもパーマ屋さんでもなく、美容師。人の容姿を美しくするのが私の仕事であり、やりがいだったはずなのに。
今まで「脱毛」というお悩みを見て見ぬ振りをしていた事に気付きました。
そこで出会った医療美容師という存在。
2人に1人が癌になる時代。それだけではなくアレルギーや電磁波、花粉やpm2.5にストレスが原因で突如発症する脱毛症が増えている時代。
そんな事を知らずに今までは失客として考えていました。
脱毛でお悩みを解消するのはお医者様、ウィッグ専門店様。私たちヘアデザイナーにはどうしようもないことだからと考えていましたが、
お客様を美しくするのは、お医者様ではなく、ウィッグメーカー様だけでもなく、美容師の似合わせカットが必要。それが私たちは一番得意なはず。流行りのデザインに一番敏感に対応できるはず。そして何よりお客様との信頼関係も築けているはずと気付くことができました。
そこから医療美容師の仲間やウィッグ専門店様に協力頂きながら、脱毛のこと、ウィッグのこと、病気のこと、それにまつわる様々な知識や情報交換、技術の研究を積み重ね、ヘアデザイナーという肩書きよりも美容師という肩書きと責任と働きがいを感じれるようになりました。
ウィッグカットだけではなく、心理やアロマにヘッドソーマにメイクに予防美容など可能性がどんどん広がり、新しい価値を創造し続けるランブス医療美容認定協会。
特に力を持ったキャリア10年以上の美容師のさらなるステップアップに医療美容を始めませんか?あなたが鍛錬を重ね、培って来たその技術やホスピテリティを脱毛でお悩みの方にも届けてみませんか?
近年、売上や働きやすさに尽力される業界傾向がありますが、働きがいをもっともっと育んでいくことで生涯顧客にも生涯雇用にも、生涯現役にも繋がると思います。
髪があろうとなかろうと、美を届けることができる医療美容師をRAMBSを通じ全国に拡げたいと思っています。



◆理事 影浦和也

医療美容は、美容の次のステージです。
是非、ご受講下さい。


◆理事 高橋顯
 
毎日、全てに感謝。ありがとうございます。


◆理事 尾熊英一 

外見を整える事は、内面を整える事に等しい。
内面を整える事は、その方に生きるを支える事に等しい。







認定サロン登録フォーム認定サロン登録フォーム
認定サロン専用フォーム
流通システム



参加者の声
 



  助成金申請について