一般社団法人 ランブス医療美容認定協会


RAMBSセラピスト認定講座     

■日本発世界初の医療美容のクオリティー認定

日本の医療機関では、医師不足や医療費の問題などからその後のケアーの分野を手がけることは勿論ありませんでした。
美容の分野でも同じ様な事が起こっているのが現状で、医療美容を出来る技術もほとんどの美容サロンには皆無でした。
又、美容専門の学校でもそのような授業は無く、病気になった人のケアをするための教育は無かったのが現状といえます。

■医療美容の定義

[病気や怪我、又は先天的な容姿の問題から生じる精神的な苦痛を和らげる為の美容技術]

理・美容師として学ぶ

ランブスは全国の美容室を医療美容という新しい認定制度でつないでいます。

新しい美容価値の創造

私たち医療美容師は本来の美容価値とは何かを日々考えています。
お客様の生涯を通して美を提供できる存在でありたいという想いから医療美容師は誕生しました。
従来、産毛のカット、七五三や成人式など、その人の節目節目に美容は不可欠であり、また日々のヘアケアのアドバイザーとして美容師の役割は社会の認識として定着しています。
しかしながら、不慮の事故や病気などで、行き着けの 美容室に行くことのできない方がおられることも現状のひとつです。
特に、様々な脱毛症や皮膚の疾患などで美容室に行けない方が増えているのが現実なのです。
本当の意味で一人のお客様の生涯を美を通じて関わっていくための技術とノウハウをランブスでは学ぶことができます。

理・美容師が伝える

医療美容師は社会が健康で豊かになることを発信しています。

美容師が国家資格であることには理由があります。
単に髪を切る、パーマをあてる、髪を染める、ではないということをご存知でしょうか?
ランブスでは、そこに焦点を当て、「社会が健康で豊かになること」を医療美容師の使命であると考えています。
現在、人口の半分以上が50歳以上になっています。
1年間に新生物疾患になる患者数は150万人、生涯でがんになる方は二人に一人と言われています。
また、高血圧症の患者数は900万人を超えると言われています。
国の医療費は350兆円を超えている現状の中で、全国に健康を伝える医療美容師の存在が必要だと考えます。

理・美容師と共に育てる

ランブスでは、健康に関わる様々な専門家と共に「医療美容セラピスト」の育成を本格的に行っています。

メディカルアロマ、健康を保つための各種育成の認定講座も開講しています。医療美容師の視点とそれぞれ専門のセラピストの技術とノウハウを習得し認定を受けることができます。
理・美容師の資格をお持ちで無い方でも「医療美容セラピスト」として認定を受け、社会で活躍できるスキルを身につけることができるようになりました。
美容室での活躍もさることながら、認定サロンとして独自で開業することもできます。








認定サロン登録フォーム認定サロン登録フォーム

 



  助成金申請について