一般社団法人 ランブス医療美容認定協会


RAMBSセラピスト認定講座     

医療美容認定講習会

医療美容師
ランブスQuality

美容師免許が必須 
   

 抗がん剤の副作用として起こる脱毛は、がん患者にとって大変つらいものです。
頭髪に加え、まつ毛やまゆ毛まで抜け落ち、医師から事前に説明を受けていても実際に脱毛が始まると鏡に映る変化だけに不安が募るといいます。
医療用のウイッグは、こうした精神的ダメージをやわらげるために作られましたが、価格が高いので患者の負担をさらに大きくしています。
 
そして一番悲しいことは、患者はウイッグのことを美容師さんではなく看護士さんに相談しているという現状です。
そこには、デザイン性も無く患者さん一人一人に必ずしもよく似合っていると言い難いものがあるのです。
患者さんがかつらをかぶっているという違和感尾も感じさせないような技術とお手入れを提供できるプロをこのコースでは育成しています。
 心の安らぎと自信を持って、健康で明るい生活を送ることができるよう社会復帰を支援することが目的です。
 

一般向け医療美容セラピスト養成講座

ランブスメイク

さまざまな皮膚変色を手軽に修復する医療補助手段の一つです。
顔や身体に傷やアザの残った患者さんに対して、カバーメイクを施し、その負担を軽減します。
近年、外見が心に与える影響が研究され、一般の美容や医療施設・介護老人保健施設などでも導入されているのがメディカルメイクと言われるものです。
高齢者や患者に化粧やスキンケアを施術することで「癒し」の効果が認められています。
メイクが気持ちを明るくし、生きる自信を取り戻す、社会復帰の手助けになるケースもたくさんあります。
メディカルメイクでは、ドレン痕、アザ消しメイク、脱毛時の眉の描き方などを身につけていきます。

医療美容心理学〔精神的な側面からサポート〕

アンドリューワイルド先生『人はなぜ治るのか?』
RAMBS心理学、カウンセリング学などを学ぶことは、本当の意味で[寄り添う美容師]を育成すること。RAMBSは、生涯を通じて相談できるセラピストの輪が広がる事を目的に活動しています。

医療美容ヘッドソーマ〔生態療法、食事療法、免疫療法〕

ホリスティック〔全体との関連、バランス〕目に見えないエネルギーなども含めた視点で健康を考える。
病気にならないことが、どれほど大切ですばらしいことかであるかを、RAMBSは伝えています。
どうすれば免疫力がつくのか?どうすればぴんぱは流れるのか?なぜ、食生活が大切なのか?などを学んでいます。
健保ソーマセラピストが、さまざまな美容の業態で活躍できるサポートを行なっています。





認定サロン登録フォーム認定サロン登録フォーム

 



  助成金申請について