一般社団法人 ランブス医療美容認定協会


   

「一般職業訓練」で受給しましょう

「一般職業訓練」は、Off-JTのみで最長1年間で20時間以上でOKです。

事業外訓練(事業主以外の者が企画し主催するもの)では
  ●受講に際して必要となる入学料、受講料、教科書代など
    国や都道府県から補助金を受けている施設の受講料や受講生の旅費などは支給対象外。
    1人当たり、Off-JTの訓練時間数に応じた額
    100時間未満の場合、10万円の助成金が受けられます。

訓練開始前にすることとは?


 一般職業訓練は、訓練内容等を事前に計画を立てて行います。

利用するための条件とは?


  以下の全ての条件を満たした事業主が利用できます。

 ①キャリアアップ計画書を提出する時点で、雇用保険被保険者が最低1名は居ること
  ⇒雇用保険被保険者が1名いなければ、計画書を提出することができないからです

 ②雇用保険適用事業所ごとにキャリアアップ管理者を1名置き、キャリアアップ計画書を訓練計画開始日の前日から起算して1カ月前までに提出すること
  ⇒これは期限厳守です

 ③雇用する有期契約労働者等に職業訓練を実施する事業主であること。
  ⇒正社員への職業訓練は対象にはなりません

 ④職業訓練計画を作成し、訓練計画開始日の前日から起算して1カ月前までに「職業訓練計画届」を提出すること
  ⇒これは期限厳守です。②と④は同時に提出しても構いませんが、④のみを先に提出
   することはできません。

 ⑤「職業訓練計画届」の提出日から6カ月以内に訓練を開始すること

 ⑥職業訓練計画に基づき、1年間で20時間以上の訓練を実施すること

 ⑦職業訓練計画を提出した日の前日より6カ月前から支給申請書提出日までの間、職業訓練計画を実施した事業所で雇用保険被保険者を事業主都合で解雇していないこと
  ⇒本人の責めに帰すべき理由による解雇は除きます

 ⑧訓練時間内の対象労働者に対する賃金を支払う事業主であること
  ⇒所定労働時間外に行われた訓練時間には残業代を払ってくださいねという意味です

 ⑨法定三名簿を備え付け、労働関係の各法を遵守していること
  ⇒法定三名簿は「労働者名簿」「出勤簿」「賃金台帳」を指します。法律上これらは
   当然に備え付けなければならない書類ですが、万が一なくてもこれから備え付けれ
   ば大丈夫です

 ⑩自社内の社員を講師として職業訓練を行う場合、5年以上の塾講師経験があること
  ⇒指導する内容について、概ね5年以上のキャリアが求められます




【お問い合わせ先】
RAMBS事務局 岡田まで

電話 078-794-3450 FAX 078-704-3451 メール bob@rambs.jp





認定サロン登録フォーム認定サロン登録フォーム
認定サロン専用フォーム
流通システム



参加者の声
 



  助成金申請について